QUICK INDEX CHUOH PUBLISHING online
会社概要社会貢献採用情報一般書籍教育出版物教室案内コンクールイベント紹介お問い合わせホーム
books


定価 本体1500円+税
発売日 2006年2月26日 
頁数 366ページ
ISBN 4-87758-404-8
c0095

書籍発注
ずっとそばにいるよ―天使になった航平―
横幕真紀・著
自分らしく生きる!4歳で急性骨髄性白血病を発症。2歳の弟から骨髄移植し、笑顔で病気に立ち向かって逝った航平と、それを支えた家族、医療スタッフたちの335日。

3年前(2003年)の秋、岐阜県大垣市に急性骨髄性白血病の辛い治療に笑顔で立ち向かい、5歳3ヶ月で天国に旅立っていった男の子がいました。そのおかあさんが、大学ノート10冊に及ぶ日記を読み返して手記をまとめました。


<著者紹介>
横幕真紀(よこまく・まき)1972年、岐阜県に生まれる。1993年、名古屋市立保育短期大学(現・名古屋市立大学)卒業後、大垣市立保育園の保育士として勤務。1997年、結婚。1998年、長男航平の出産を機に退職して子育てに専念。3児の母となる。難病と闘う子どもたちとその家族が、笑顔を忘れることなく病気に立ち向かえるようにとの思いから、2005年10月19日、岐阜市民病院小児科において、長期入院を余儀なくされた子どもと親の会「まるっけ会」を発足。
横幕航平(よこまく・こうへい)1998年7月19日生まれ。2002年11月19日、白血病のため入院。持ち前の明るさとがんばりで病気に立ち向かう。3クールの抗がん剤治療後、二男・修史より骨髄移植。2003年10月19日、たくさんの笑顔と感動を遺し、5歳3ヶ月で天国へと旅立つ。
前のページに戻る
本サイトはNetscape Navigator 4以上もしくはInternet Exprorer 4以上でご覧になることを推奨します。本サイトに関するご意見・ご質問はwebmaster@chuoh.co.jpまで
中央出版
Copyright (C) 2019 CHUOH PUBLISHING Co.,Ltd. All rights reserved.
Netscape Navigator最新版をダウンロード Internet Explorer最新版をダウンロード webmaster@chuoh.co.jpにメール