QUICK INDEX CHUOH PUBLISHING online
会社概要社会貢献採用情報一般書籍教育出版物教室案内コンクールイベント紹介お問い合わせホーム
books


定価 本体1600円+税
発売日 2003年6月12日 
頁数 256ページ
ISBN 4-87758-277-0
c0321

書籍発注
その時歴史が動いた 第19巻
NHK取材班・編
1853年(嘉永6)の夏、江戸湾浦賀沖に突如、4隻の巨大軍艦・黒船が来航。アメリカ合衆国海軍ペリー提督率いるニッポン遠征隊である。――世界に扉を閉ざすニッポンを開国せよ。ペリーはアメリカのアジア進出の夢を実現すべくやってきた。これまでの西洋列強による日本開国の試みは、ことごとく失敗していた。なぜアメリカは日本開国に成功したのか。今回初公開されたアメリカ大統領から日本の皇帝に宛てた国書の原本の写しには、ペリーに武力の行使をさせないことが明記されていた。西洋文明をかたくなに拒否するニッポン。ニッポン人とはいったいどんな人びとなのか。どうすれば武力を行使せずにニッポンの鎖国政策を破れるか。悩むペリーの前には、さらにライバルが立ちはだかっていた。ニッポン開国一番乗りを競うロシア艦隊、中国に進出したイギリス……。ニッポンを徹底的に研究し、開国に成功したペリーの知られざる外交戦略、その全貌を解き明かす。
(ニッポン開国(第一部)なぜアメリカだったのか ペリーの知られざる外交戦略より)

●ニッポン開国(第一部)なぜアメリカだったのか ペリーの知られざる外交戦略
●ニッポン開国(第一部)通商か、亡国か? 日本全権、決死の通商条約締結
●外交立国の志、いまだ死なず 榎本武揚、箱館戦争終結の決断
●銀行は人々のために 金融危機を救った渋沢栄一の決断
●与謝野晶子「今ぞ目覚めて」 情熱の歌人、女性の自立を宣言
前のページに戻る
本サイトはNetscape Navigator 4以上もしくはInternet Exprorer 4以上でご覧になることを推奨します。本サイトに関するご意見・ご質問はwebmaster@chuoh.co.jpまで
中央出版
Copyright (C) 2019 CHUOH PUBLISHING Co.,Ltd. All rights reserved.
Netscape Navigator最新版をダウンロード Internet Explorer最新版をダウンロード webmaster@chuoh.co.jpにメール